FC2ブログ

美濃路(清須)散歩1 名鉄五条川橋梁~日吉神社

今回からは愛知県清須市の『美濃路』(清須市内のエリア)を散歩したときの写真をUPします。また途中「土器野新田」古地図散歩もしています。


・工程は散策マップを使ってルートを表示(赤い線)
minojimap0.jpg
今回の散歩では、正覚寺、長谷院、清須川護陣屋、瑞正寺、飴茶庵、問屋記念館、にしび夢だいこん等を見てきました。他にも土器野神社、散歩区間内の名鉄各駅でも撮影をしております。

上のマップは清須市の散策マップを引用させてもらい作りました。ここには清洲城が載ってますが、ここは2年前にもカテゴリ【 清洲城(桜)'18 】で一度行ってますので今回は割愛しました。よって散歩ルートは清須城からやや南の長者橋付近から南東方向に名鉄本線に沿った美濃路を主に散歩して、最後は枇杷島橋までの直線だと約4kmの区間です。


今回は美濃路(清須)散歩の1回目で、名古屋鉄道の五条川橋梁から日吉神社での撮影です。五条川橋梁は美濃路ではありませんが、2年前に清須城周辺で桜を撮影したときに、名鉄の五条川の橋梁の北側の舟杁橋が残念ながら架け替え工事中で、その橋からの撮影が出来なかったので、もう一度舟杁橋周辺で撮影をしてから美濃路の散歩を開始してます。


新清洲駅より散歩開始

・まずは散歩開始地点の名鉄新清洲駅周辺にて撮影しました
minoji0858.jpg
これは岐阜行の特急で、最後部2両がパノラマsuperの指定席車両です。


・左奥が名鉄新清洲駅ホーム
minoji0860.jpg
駅の改札は地下にありますので、外は普通のホームしかありません。


・これは菜の花というものでしょうか
minoji0866.jpg
撮影後は清洲駅東側の舟杁橋へ移動


・舟杁橋到着。少し期待していたけど橋の架け替えはまだ終わっていませんでした。
minoji0883.jpg
(この300m先には美濃路が通っています)


・名鉄の五条川橋梁に到着(2年前に撮影したポイントはここ)
minoji0886.jpg


・なんと桜が・・・ほとんど切られていた
minoji0892.jpg
ここは護岸工事の影響でしょうか、桜が伐採されたようだ(残念)。


・踏切から北方向(架け替え中の舟杁橋と奥に見えるのは長者橋)
minoji0010.jpg
以前はここに咲いてた桜が良かったんですがねえ・・・


・気を取り直して電車の撮影を続行
minoji0021.jpg


minoji0023.jpg


・奥には桜の木が一本ありますが、ここはまだそんなに咲いていませんでした。
minoji0037.jpg
この後は対岸に移動


・北側の長者橋を渡ってさっきの舟杁橋対岸まで来ました
minoji0100.jpg
踏切近くを見ると、桜の木は8本も切られていました。
(もうここに来ることはたぶんないねえ)


・護岸工事が終わる頃には、この近辺のほとんどの桜は無くなっているかもしれない・・・
minoji0103.jpg
こんな感じなので名鉄五条川橋梁付近での撮影は早々に終了です

撮影後はここから100m東側の美濃路に移動して、美濃路(清須)散歩開始です。



美濃路散歩

美濃路は、東海道の熱田(名古屋市)と中山道の垂井(岐阜県)を結ぶ道路のことです。
名古屋からは主に清須市、稲沢市、一宮市、大垣市を通って岐阜県垂井町まで続いてますが、今回は散策マップの通り清須エリアのみの美濃路を散歩しました。
minojimap1.jpg


・舟杁橋からこの交差点に到着(左右に通っている道路が美濃路です)
minoji0105.jpg
左へ行けば清須城、今回は右側の新川、枇杷島(名古屋)方面に進みます。


・でも、ここからまっすぐ歩くと日吉神社なので少し撮影してきました。
minoji0108.jpg



清洲山王宮 日吉神社

日吉神社は山王(山の神)を祀り、病や厄災を除く事を目的とし建立され、清須城下の総鎮守神(総氏神)として信仰を集めております。山の神を祀るため、その神の使いを申(猿)としており、境内には様々な猿の神像が置かれています。(以上HPより引用)

・3分程歩くと日吉神社鳥居前に到着(13:20)
minoji0113.jpg


minoji0116.jpg


・境内には、下には川は流れていないけど太鼓橋がありました。
minoji0120.jpg
昭和4年寄附ということはもう90年が過ぎている(すごいねえ)


・少し奥には蕃塀が建ってました
minoji0123n.jpg
(蕃塀とは不浄なものの侵入を防ぐために造られたらしい)


・拝殿前には厄をさる福を招くお申(猿)の神社ということでこの神申像が建ってました
minoji0127.jpg
(猿とは珍しいですね)


・境内の手水舎
minoji0132.jpg


・神馬
minoji0135.jpg
(菊紋と言えば天皇の御紋ですねえ)

あまり神社の奥にまで入って撮影するのはちょっと気が引けたので、撮影はこの位でやめておきました。

この後は先ほどの交差点に戻って引き続き美濃路(清須)の散歩に戻りますが、今回はここまでです。



編集後記

舟杁橋は架け替え中でした
この舟杁橋の架け替えの目的は、ここの五条川の拡幅が目的です。古い舟杁橋は橋の長さが短かくて、川の流れがここで滞りがちだったということです。今回の幅の長くなった橋の架け替えで、五条川の流れが少し良くなるそうです。この五条川は下流で新川(後で出てきます)と合流して最後は伊勢湾に流れてます。あと、今回撮影した名鉄橋梁についても将来は架け替えをして、橋梁の川幅を広くしていく計画だそうです。この辺りの護岸工事は、すべて大雨、洪水等の対策の為に行われているようです。

桜撮影だけでは物足りない
本当は舟杁橋近くの桜撮影がメインだったのですが、それだと20分も有れば終わってしまうのでつまらない。よって今回は当初の構想を大幅に拡大して『美濃路(清須)散歩』となりました。途中ではさらに『「土器野新田」古地図めぐり』もしてます。途中は主にお寺とか神社とか名鉄駅周辺での撮影ですがしばらく続けていきます。



次回は、『美濃路(清須)散歩』の2回目 名鉄丸の内駅~須ヶ口一里塚跡での写真です。


※2020/04/16 記事追加(ここから)

新たに古地図が見つかりましたのでここで紹介します

古地図は「美濃路見取絵図」で、現物は横に長い一枚ものの地図ですが20枚ほどに分割されて記録されていました。今回は分割された地図の内、美濃路(清須)散歩の範囲内のものを4枚利用します。尚この絵図は文化3年(1806年)に完成した書物です。

美濃路見取絵図①
minoji09-623.jpg
東京国立博物館「研究情報アーカイブズ」より
古地図左端に見えるのが清須宿。この清須宿から東(右)へ続いている道が美濃路。左右に流れる川は五条川で左中央の橋は五条橋。中央やや右上が今回取り上げた日吉神社だと思います。
昔の雰囲気を味わってください

※2020/04/16 記事追加(ここまで)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事一覧
美濃路(清須)散歩10 西枇杷島駅~枇杷島橋 2020/06/05
美濃路(清須)散歩9 文造寺交差点~六軒神社 2020/05/29
美濃路(清須)散歩8 「土器野新田」古地図巡り(その四) 2020/05/22
美濃路(清須)散歩7 「土器野新田」古地図巡り(その参) 2020/05/15
美濃路(清須)散歩6 「土器野新田」古地図巡り(その弐) 2020/05/09
美濃路(清須)散歩5 「土器野新田」古地図巡り(その壱) 2020/05/01
美濃路(清須)散歩4 須ケ口駅前~清須川護陣屋 2020/04/24
美濃路(清須)散歩3 名鉄須ケ口駅~長谷院 2020/04/17
美濃路(清須)散歩2 名鉄丸の内駅~須ヶ口一里塚跡 2020/04/11
美濃路(清須)散歩1 名鉄五条川橋梁~日吉神社 2020/04/04
2019年 今年のベストショット 2019/12/25
『立山黒部アルペンきっぷの旅』11 雨晴海岸(後編) 2019/12/06
『立山黒部アルペンきっぷの旅』10 雨晴海岸(前編) 2019/11/29
『立山黒部アルペンきっぷの旅』9 雨晴駅踏切のにゃん 2019/11/22
『立山黒部アルペンきっぷの旅』8 高岡駅~雨晴駅 2019/11/15
『立山黒部アルペンきっぷの旅』7 富山駅前の路面電車 2019/11/08
『立山黒部アルペンきっぷの旅』6 立山駅~電鉄富山駅 2019/11/01
『立山黒部アルペンきっぷの旅』5 立山室堂~立山駅 2019/10/25
『立山黒部アルペンきっぷの旅』4 大観峰 2019/10/18
『立山黒部アルペンきっぷの旅』3 黒部ダム~黒部平 2019/10/11
『立山黒部アルペンきっぷの旅』2 信濃大町~黒部ダム駅 2019/10/04
『立山黒部アルペンきっぷの旅』1 信濃大町~姫川源流 2019/09/27
『高野山・世界遺産きっぷの旅』4 金剛峯寺~奥之院 2019/08/02
『高野山・世界遺産きっぷの旅』3 金堂~根本大塔 2019/07/26
『高野山・世界遺産きっぷの旅』2 大門~中門・六角経蔵 2019/07/19
カテゴリー別日付順に表示するリンク
 
アクセスランキング
  当サイトアクセスランキング  (前回比較)
ホーム入口
2019年 今年のベストショット↑7
『立山黒部アルペンきっぷの旅』11 雨晴海岸(後編)↓1
『天橋立まるごとフリーパスの旅』6 廻旋橋~天橋立駅↓1
【信濃路フリーきっぷの旅'16】
『信濃路フリーきっぷの旅』1 上高地(1)↓2
『信濃路フリーきっぷの旅』5 白馬(1) マニアックな撮影ポイント(その1)↓1
『九州旅行記』1 セントレアより出発↑7
『立山黒部アルペンきっぷの旅』3 黒部ダム~黒部平↓2
【沖縄】↓2
【出石・城崎温泉'17】↑2
『立山黒部アルペンきっぷの旅』1 信濃大町~姫川源流↓1
『立山黒部アルペンきっぷの旅』2 信濃大町~黒部ダム駅↑1
『立山黒部アルペンきっぷの旅』9 雨晴駅踏切のにゃん↓4
『昭和の山梨旅行記録』圏外
『立山黒部アルペンきっぷの旅』4 大観峰↓4
『富士山フリーきっぷの旅』1 久能山東照宮(1)↑5
『立山黒部アルペンきっぷの旅』7 富山駅前の路面電車↓2
『出石・城崎温泉旅行記』7 城崎温泉(4) 夜の城崎温泉街↓1
『立山黒部アルペンきっぷの旅』5 立山室堂~立山駅↑3
【近江八幡・彦根'17】↓2
「名古屋港水族館」6 名古屋港ポートビル↓1
『信濃路フリーきっぷの旅』7 白馬(3) 大出吊橋↓3
『恵那旅行記』2 明智鉄道(恵那駅~岩村駅)↓7
【愛媛(松山)】↑1
『日光旅行記』3 神橋~東武日光駅↓2
『会津ぐるっとカードの旅』5 塔のへつり駅~下今市駅↑1
【富士山フリーきっぷの旅'16】圏外
【会津ぐるっとカードの旅'18】
『立山黒部アルペンきっぷの旅』10 雨晴海岸(前編)↓5
 ランキング集計期間 2019/10/01~2020/03/31
右端は3か月前のランク表との比較
【 】の表示はカテゴリーです
全記事表示リンク

 全ての記事のリンク一覧を表示する

プロフィール

Author:古荷家幸之助

趣味:カメラ、旅行等


当サイトは、旅行に行った際の写真をUPしているサイトです。お得な切符もたまに利用して旅行に行っています。


使用カメラ(メイン)
Panasonic Lumix DMC-G7H
DMC-G7
ミラーレスμ4/3型(マイクロフォーサーズ)
1600万画素 レンズ(28-280mmズーム)
2016/02使用開始



G7で使用中のレンズ一覧

キットに付属している高倍率ズーム
(G VARIO 14-140mm H-FS14140-KA/F3.5-5.6)
side14-140mm
(外寸φ67mm×約75mm 重量:265g)



追加で購入した標準ズーム
(G VARIO 12-32mm H-FS12032-K/F3.5-5.6)
side12-32mm
(外寸φ55.5mm×約24mm 重量:70g) 
2017/10使用開始



追加で購入した
コンバージョンレンズ 広角0.7倍
convlens
(トダ精巧 DSWPRO 52mm 重量:80g) 
2018/11使用開始




☆旧使用カメラ(サブ)
コニカミノルタ DIMAGE A200
DIMAGE A200
800万画素 レンズ(28-200mmズーム)

 

最新コメント
最新記事の関連リスト
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログランキング支援バナー
ブログランキング