FC2ブログ

『出石・城崎温泉旅行記』7 城崎温泉(4) 夜の城崎温泉街

前回に続き、『出石・城崎温泉旅行記』の写真をUPします。

今回の旅は、JR、京都丹後鉄道、バス等を利用し、出石 → 城崎温泉 → 天橋立 → 近江八幡 → 彦根の順に巡っています


今回は「城崎温泉」編の4回目、夜の城崎温泉街と翌日朝の城崎温泉駅での写真を紹介。

◇前回までは、日中の大谿川沿い、温泉薬師堂周辺の写真でした。1日目は夕食の後にも再度大谿川沿いの散歩をして撮影したものがありますのでUPします。場所は一の湯近辺から地蔵湯辺りまでです。


・夜の写真は日中とは雰囲気の違う大谿川沿いです(18:45)
kinosa80340.jpg


・一の湯近辺のいろいろな角度からの夜景です
kinosa80349.jpg


・水面に橋が控えめですが反射して写っています
kinosa80358.jpg


kinosa80367.jpg


kinosa80370.jpg


・湯の里通りを少し歩くと遊技場があった
kinosa80374.jpg
このお店はすでに閉鎖したみたいだった(残念です)


・地蔵湯橋まで移動して地蔵湯温泉を撮影(19:00)
kinosa80381.jpg


・宿へ帰る途中も大谿川沿いを所々撮影しました
kinosa80388.jpg


kinosa80392.jpg

夜の城崎温泉街の写真は以上です
(撮影データは ISO6400 絞り解放 露出時間は1/10秒~1/30秒。すべて手持ちで撮影)



ここで、翌日(二日目)の朝の城崎温泉駅ホームで撮影したものもここでUPしておきます。

◇二日目は列車の発車時刻の都合上旅館を早めに出て城崎温泉駅に向かいました 
(7:30には旅館を出てます)


・城崎温泉駅ホームで最初に撮影した列車 キハ47系(快速・鳥取行)(07:55)
kinosa80397.jpg
これに乗れば鳥取まで行くけど、とても遅い快速列車です。(城崎温泉07:58→鳥取09:57)


・これは今から乗る豊岡行の普通列車です
kinosa80400.jpg
(おんなじ車両型式じゃん)


◇この車両で豊岡まで行き、そこから二日目の『天橋立まるごとフリーパスの旅』が始まります。

「城崎温泉」編は以上です。また、一日目の『出石・城崎温泉旅行記』も今回で終了です。



編集後記

夜の城崎温泉街
城崎は温泉街だから、夕方(7時位)からしばらくは街中を散策する人も多いだろうと思ったけど、あまり見かけなかった。たしかに土産物店は閉まっているので、外湯へ行く人が通り過ぎるだけなのかもしれない。夜、写真を撮ってる暇人はわっし一人だけでした。でも気にはしていません。写真撮影は趣味だでよ・・・

ありえない豪華な夕食?
今回はいつもと同じように朝食付きで、さらに今回は特別に夕食もセットで予約しました。但し、予約の単価ランクはかなり下位の方なので弁当風の夕食です。ところが、夕食の部屋に行くと、なぜか自分の夕食のメニューの中に蟹がある。おかしい。しかし、当日は他の客は20代と思われる女子3人のみで、他の宿泊客は外食のようだったので間違いない。女子3人グループは当然蟹とかお肉付の豪華な夕食。ひょっとして、蟹が半分残ったから捨てるのもなんだからということで、自分の所へ運良く回ってきたのかもしれない。夕食のグレードUPなんて初めてのことだった。当日の特急の大幅な遅れとか「辰鼓楼」の工事中の件とかいろいろついてない事があったけど、この蟹の登場でモヤモヤがすべて吹っ飛んだ。殻つきの蟹なんてここ何年、いや軽く十年位(もっとかも)は食べた記憶が無い。こうゆうこともあるんだねえ。(いやあうまかった! 普通の人はいいものを食べているんですねえ)

出来れば境港へ行きたかった
当初、この城崎から西へ乗り継ぎ、米子、松江方面に行こうと思ったけど、境港まで行こうとすると、移動時間が5時間を超えることが判明、あきらめることにした。ということで、西へ行くのはやめて天橋立で1日、琵琶湖の南部で1日滞在することにしました。
又、城崎から餘部までの往復も検討したけど、これもかなり時間を費やしそうだったのであきらめました。この餘部では最新の餘部鉄橋が見たかったけど、この山陰区間は運行列車本数が少ないので気軽に行けない。ということで最新の餘部鉄橋の撮影はあきらめ、昔撮った餘部鉄橋の写真をついでにここでUPしておきます。

・昔の餘部鉄橋
kinosa80004.jpg
撮影日はわかりませんが、たぶん昭和の終わりくらいに撮影したものかも?(昔はこのような特急が頻繁に走ってました)



次回からは、二日目の『天橋立まるごとフリーパスの旅』編の予定でしたが、都合により『恵那旅行記』を先にUPすることになりました。(よろしく!)

この後の旅行日程は
2日目・・・『天橋立まるごとフリーパスの旅』 【天橋立まるごとフリーパスの旅'17
3日目・・・『南琵琶湖旅行記』 です     【近江八幡・彦根'17
                    【  】内はカテゴリ別のリンク先です


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事一覧
『九州旅行記』13 長崎(9) セイルドリル 2018/08/31
『九州旅行記』12 長崎(8) 夜の帆船まつり 2018/07/13
『九州旅行記』11 長崎(7) 眼鏡橋 2018/07/06
『九州旅行記』10 長崎(6) グラバー園 2018/06/29
『九州旅行記』9 長崎(5) オランダ坂~グラバースカイロード 2018/06/22
『九州旅行記』8 長崎(4) 朝の帆船まつり(後編) 2018/06/15
『九州旅行記』7 長崎(3) 朝の帆船まつり(前編) 2018/06/08
『九州旅行記』6 長崎(2) 稲佐山で夜景撮影 2018/06/01
『九州旅行記』5 長崎(1) 長崎駅~夕暮れの帆船まつり 2018/05/25
『九州旅行記』4 鹿児島(3) 桜島~鹿児島中央駅 2018/05/18
『九州旅行記』3 鹿児島(2) 桜島フェリー乗り場~桜島 2018/05/11
『九州旅行記』2 鹿児島(1) 鹿児島市電 2018/05/04
『九州旅行記』1 セントレアより出発 2018/04/27
SSD始めました&今年3か月間のアクセスの集計 2018/04/22
『清洲桜』3 清州城 2018/04/13
『清洲桜』2 名鉄橋梁(後編) 2018/04/06
『清洲桜』1 名鉄橋梁(前編) 2018/03/30
『南琵琶湖旅行記』6 彦根城・玄宮楽々園(2) 2018/03/16
『南琵琶湖旅行記』5 彦根城・玄宮楽々園(1) 2018/03/09
『南琵琶湖旅行記』4 近江八幡(4) 八幡山~日牟禮八幡宮 2018/03/02
『南琵琶湖旅行記』3 近江八幡(3) 八幡掘(白雲橋~瓦亭) 2018/02/23
『南琵琶湖旅行記』2 近江八幡(2) 八幡掘(明治橋辺り) 2018/02/16
『南琵琶湖旅行記』1 近江八幡(1) 新町通り~八幡掘 2018/02/09
『天橋立まるごとフリーパスの旅』6 廻旋橋~天橋立駅 2018/02/02
『天橋立まるごとフリーパスの旅』5 天橋立観光船・廻旋橋 2018/01/26
最新記事の関連リスト
更新カレンダー&月別アーカイブリンク
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2018年09月 | 10月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


プロフィール

Author:古荷家幸之助

趣味:カメラ、旅行等


当サイトは、旅行に行った際の写真をUPしているサイトです。お得な切符もたまに利用して旅行に行っています。


使用カメラ(メイン)
Panasonic Lumix DMC-G7H
DMC-G7
ミラーレスμ4/3型(マイクロフォーサーズ)
1600万画素 レンズ(28-280mmズーム)



G7で使用中のレンズ一覧

キットに付属している
高倍率ズーム(G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6)
side14-140mm
(外寸φ67mm×約75mm 重量:265g)


追加で購入した
標準ズーム(G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6)
side12-32mm
(外寸φ55.5mm×約24mm 重量:70g) 
2017/10使用開始
side12-32mmwセットで約480g
(標準ズームレンズを装着したイメージ写真)





☆旧使用カメラ(サブ)
コニカミノルタ DIMAGE A200
DIMAGE A200
800万画素 レンズ(28-200mmズーム)
2005年2月購入

(DIMAGE A200については2015年で使用を終了しております。旧ブログ名『がんばれDIMAGE A200』)


「分類(カテゴリ)毎に日付順に表示するリンク」欄を使用すると分類別で時系列に表示されます

分類毎に日付順に表示するリンク
 
全記事表示リンク

 全ての記事のリンク一覧を表示する

フリーエリアテスト中
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログランキング支援バナー
ブログランキング