FC2ブログ

「名古屋港水族館」5 南極観測船ふじ

前回に続き、名古屋港水族館 → 南極観測船ふじ → 名古屋港ポートビル での写真をUPします。


今回は「南極観測船ふじ」での写真を紹介

「名古屋港水族館」は単独で利用すると2,000円ですが、南極観測船ふじと名古屋港ポートビルも合わせて利用すると2,400円で利用できます。今回はこの共通入館券を購入しております。


・ふじ券売所
nagosui692.jpg
ここでは「南極観測船ふじ」単独の入場券も販売してます


・南極観測船内の様子
nagosui695.jpg
このような部屋ごとに、中での実際の様子を人形を配置して再現していました。
(各部屋の中の様子は個人的都合により撮影しておりません)


・これは南極での活動イメージ
nagosui698.jpg


nagosui704.jpg
背景は写真ですが、機材は本物みたいです。


・甲板上のヘリを撮影しにいきました
nagosui706.jpg
が、コックピットには入れなかった。中に入れないって、全然意味ないじゃん。こんなボロヘリ撮影したところで、感動すらしないんだから。


・気を取り直してヘリ近くから撮影を継続
nagosui711.jpg
レーダーとかアンテナ類です


・ブリッジ
nagosui722.jpg
内壁は鉄板にペンキが分厚く塗ってあるだけみたい。断熱材は使用していないのかなあ。(ヒーターはあったけど寒そうだった)


・外に出たら煙突(エキゾーストパイプ?)が目の前に
nagosui730.jpg


・久しぶりに縦に構えて撮影
nagosui733.jpg
この写真撮影後観測船を出ました


・外に出たところで船着き場を撮影
nagosui737.jpg


・ふじの船首も入れて撮影してみたが
nagosui746.jpg
目の前のじゃまな街燈は避けることができなかった



「南極観測船ふじ」での写真は以上です



編集後記

南極観測船の印象
特に無し。しょせん古い観測船ですからこんなもんかなあと言う感じ。各部屋のなかには人形が入っていて、当時の活動の様子が再現されていた。これがまた人間にそっくりだったので気持ち悪かった。
(もしこの人形が急にしゃべりだしたら、たぶん全速で走って逃げたと思う。周りは誰一人いなかったし。吾輩はリアルすぎる人形は嫌いだ! というか怖い だからこのときは部屋の中の様子は写真に撮らずに、足早に艦内を移動したのでありました。)


南極観測船上のヘリ
甲板上のヘリのコックピットには入りたかったけど、立ち入り禁止だった。ここでいい写真が撮れることを期待したんだけどねえ、ダメだった。



次回は、「名古屋港ポートビル」にて撮影した写真です。


2017/03/19 以下追加

・南極での活動イメージの写真で一枚UPもれがありました
nagosui701.jpg
この写真のペンギンや人物は本物ではなくすべて人形です

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事一覧
『九州旅行記』13 長崎(9) セイルドリル 2018/08/31
『九州旅行記』12 長崎(8) 夜の帆船まつり 2018/07/13
『九州旅行記』11 長崎(7) 眼鏡橋 2018/07/06
『九州旅行記』10 長崎(6) グラバー園 2018/06/29
『九州旅行記』9 長崎(5) オランダ坂~グラバースカイロード 2018/06/22
『九州旅行記』8 長崎(4) 朝の帆船まつり(後編) 2018/06/15
『九州旅行記』7 長崎(3) 朝の帆船まつり(前編) 2018/06/08
『九州旅行記』6 長崎(2) 稲佐山で夜景撮影 2018/06/01
『九州旅行記』5 長崎(1) 長崎駅~夕暮れの帆船まつり 2018/05/25
『九州旅行記』4 鹿児島(3) 桜島~鹿児島中央駅 2018/05/18
『九州旅行記』3 鹿児島(2) 桜島フェリー乗り場~桜島 2018/05/11
『九州旅行記』2 鹿児島(1) 鹿児島市電 2018/05/04
『九州旅行記』1 セントレアより出発 2018/04/27
SSD始めました&今年3か月間のアクセスの集計 2018/04/22
『清洲桜』3 清州城 2018/04/13
『清洲桜』2 名鉄橋梁(後編) 2018/04/06
『清洲桜』1 名鉄橋梁(前編) 2018/03/30
『南琵琶湖旅行記』6 彦根城・玄宮楽々園(2) 2018/03/16
『南琵琶湖旅行記』5 彦根城・玄宮楽々園(1) 2018/03/09
『南琵琶湖旅行記』4 近江八幡(4) 八幡山~日牟禮八幡宮 2018/03/02
『南琵琶湖旅行記』3 近江八幡(3) 八幡掘(白雲橋~瓦亭) 2018/02/23
『南琵琶湖旅行記』2 近江八幡(2) 八幡掘(明治橋辺り) 2018/02/16
『南琵琶湖旅行記』1 近江八幡(1) 新町通り~八幡掘 2018/02/09
『天橋立まるごとフリーパスの旅』6 廻旋橋~天橋立駅 2018/02/02
『天橋立まるごとフリーパスの旅』5 天橋立観光船・廻旋橋 2018/01/26
最新記事の関連リスト
更新カレンダー&月別アーカイブリンク
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2018年09月 | 10月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


プロフィール

Author:古荷家幸之助

趣味:カメラ、旅行等


当サイトは、旅行に行った際の写真をUPしているサイトです。お得な切符もたまに利用して旅行に行っています。


使用カメラ(メイン)
Panasonic Lumix DMC-G7H
DMC-G7
ミラーレスμ4/3型(マイクロフォーサーズ)
1600万画素 レンズ(28-280mmズーム)



G7で使用中のレンズ一覧

キットに付属している
高倍率ズーム(G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6)
side14-140mm
(外寸φ67mm×約75mm 重量:265g)


追加で購入した
標準ズーム(G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6)
side12-32mm
(外寸φ55.5mm×約24mm 重量:70g) 
2017/10使用開始
side12-32mmwセットで約480g
(標準ズームレンズを装着したイメージ写真)





☆旧使用カメラ(サブ)
コニカミノルタ DIMAGE A200
DIMAGE A200
800万画素 レンズ(28-200mmズーム)
2005年2月購入

(DIMAGE A200については2015年で使用を終了しております。旧ブログ名『がんばれDIMAGE A200』)


「分類(カテゴリ)毎に日付順に表示するリンク」欄を使用すると分類別で時系列に表示されます

分類毎に日付順に表示するリンク
 
全記事表示リンク

 全ての記事のリンク一覧を表示する

フリーエリアテスト中
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログランキング支援バナー
ブログランキング