FC2ブログ

『富士山フリーきっぷの旅』6 三保の松原・三保水族館

前回に続き、『富士山フリーきっぷの旅』の写真をUPします。

1日目の行程は名古屋駅 → 静岡駅 → 久能山東照宮 → 清水港 → 三保の松原 の順です

今回は三保の松原と三保水族館で撮影した写真をUPします。


三保(水上バス)桟橋で降りて、150m位離れた「しずてつジャストライン」のバス停まで移動し、バスにて三保の松原に移動

・エスパルス練習場入口 → 三保の松原入口(所要約5分)(『富士山フリーきっぷ』で利用可)


三保の松原入口バス停にて下車、三保の松原まで移動(所要時間約10分?)

・名勝三保の松原
fuji5870.jpg
たしかに見事な松並木


・神の道を歩きながら撮影
fuji5900.jpg


fuji5920.jpg


・松が曲がったところは道を迂回することにしたみたい
fuji5990.jpg


・三保の松原到着(この先の砂浜を右方向へ進んでます)
fuji6000.jpg


・きれいに富士山を撮る場合は、この写真右のテトラポット近くまで移動しないと良い構図で撮れません。(歩いて数百メートルはあります)
fuji6030.jpg


・本日は天気の都合により、富士山はわずかな影のみ。
fuji6080.jpg


富士山は姿がほんのちょっと見える程度しか写らなかった
fuji6330.jpg
ときどきパンフレットみたいなものに、ここからの写真が良く使われているみたい。


三保の松原の次はどこへ行こうか
久能山東照宮、清水港、三保の松原観光後は、三保の松原バス停から、すぐに三保水族館行きのバスが出れば三保水族館、15分以上待ちがあるときは、清水駅まで行ってJRを利用し沼津駅へ、そして沼津港へ行こうと考えていた。今回は5分で東海大学三保水族館行きが到着したので三保水族館へ行くことになった。仮に沼津港へ行くことになっても、結局沼津港深海水族館に行ってただろうからどちらもあまり変わらないかもしれない。
参考・・・三保の松原バス停では、三保水族館行きは一時間に2本、清水駅行きは一時間に6本。

という訳で三保水族館に行くことに・・・


東海大学三保水族館行きバス終点にて下車。三保水族館はすぐ。
(東海大学三保水族館までは、『富士山フリーきっぷ』で利用可)

・バス停近くより三保水族館を撮影
fuji6560.jpg
船の左側奥が入口です(どうやって船をここまで持ってきたのだろうか?)


・水族館には深海魚のりゅうぐうのつかい(全身)が展示されていた
fuji6580.jpg


・アップ
fuji6600.jpg
(ちょっと怖い)


・上の魚以外特に気に留めるものはなかったので、くまのみ(ニモ?)を集中撮影してみた
fuji6610.jpg


fuji6620.jpg


・円筒型の水槽を撮影(これは撮影が超難しかった)
fuji6650.jpg
水族館での写真は以上です(少なっ)


◇この後は一日目の宿泊先へ向かうため、バスとJRで富士駅に移動しております。

しずてつジャストラインのバスで清水駅へ移動
・東海大学三保水族館 → 清水駅 (所要時間約30分) (『富士山フリーきっぷ』で利用可)

JR富士駅へ移動
・清水駅 → 富士駅 (所要時間約25分) (『富士山フリーきっぷ』で利用可)



編集後記

三保水族館
あくまで個人的な見解だけど、水族館てどこが面白いんだろうか。今回は海洋館のみ1500円を払って見学したけど、食いつく所(興味)がなかった。でも子供には楽しいんだろうなあ。出来れば、巨大な水槽の中に透明なチューブを通して、その中を人が歩いて見学できたらいいんだけど、ここでは無理だった。水槽の中の魚を、歩きながら見るだけではどうしても飽きてしまうんだよね。だから写したい魚が少なくて・・・

ということで、最近名古屋港水族館に行って撮影したものをこのシリーズの後にUPします。


自然史博物館
三保水族館にはもう一つ、東海大学自然史博物館というものがあって、恐竜の博物館とか化石が展示されていました。恐竜については、昨年、箱根登山鉄道を撮影したときに「生命の星・地球博物館」を見学したので、今回は見ていません。(一回目は楽しいが、二回目はもういい)


次回は、二日目の観光先、富士山本宮浅間大社での写真です。




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

にほんブログ村


一人旅 ブログランキングへ


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事一覧
『九州旅行記』13 長崎(9) セイルドリル 2018/08/31
『九州旅行記』12 長崎(8) 夜の帆船まつり 2018/07/13
『九州旅行記』11 長崎(7) 眼鏡橋 2018/07/06
『九州旅行記』10 長崎(6) グラバー園 2018/06/29
『九州旅行記』9 長崎(5) オランダ坂~グラバースカイロード 2018/06/22
『九州旅行記』8 長崎(4) 朝の帆船まつり(後編) 2018/06/15
『九州旅行記』7 長崎(3) 朝の帆船まつり(前編) 2018/06/08
『九州旅行記』6 長崎(2) 稲佐山で夜景撮影 2018/06/01
『九州旅行記』5 長崎(1) 長崎駅~夕暮れの帆船まつり 2018/05/25
『九州旅行記』4 鹿児島(3) 桜島~鹿児島中央駅 2018/05/18
『九州旅行記』3 鹿児島(2) 桜島フェリー乗り場~桜島 2018/05/11
『九州旅行記』2 鹿児島(1) 鹿児島市電 2018/05/04
『九州旅行記』1 セントレアより出発 2018/04/27
SSD始めました&今年3か月間のアクセスの集計 2018/04/22
『清洲桜』3 清州城 2018/04/13
『清洲桜』2 名鉄橋梁(後編) 2018/04/06
『清洲桜』1 名鉄橋梁(前編) 2018/03/30
『南琵琶湖旅行記』6 彦根城・玄宮楽々園(2) 2018/03/16
『南琵琶湖旅行記』5 彦根城・玄宮楽々園(1) 2018/03/09
『南琵琶湖旅行記』4 近江八幡(4) 八幡山~日牟禮八幡宮 2018/03/02
『南琵琶湖旅行記』3 近江八幡(3) 八幡掘(白雲橋~瓦亭) 2018/02/23
『南琵琶湖旅行記』2 近江八幡(2) 八幡掘(明治橋辺り) 2018/02/16
『南琵琶湖旅行記』1 近江八幡(1) 新町通り~八幡掘 2018/02/09
『天橋立まるごとフリーパスの旅』6 廻旋橋~天橋立駅 2018/02/02
『天橋立まるごとフリーパスの旅』5 天橋立観光船・廻旋橋 2018/01/26
最新記事の関連リスト
更新カレンダー&月別アーカイブリンク
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2018年09月 | 10月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


プロフィール

Author:古荷家幸之助

趣味:カメラ、旅行等


当サイトは、旅行に行った際の写真をUPしているサイトです。お得な切符もたまに利用して旅行に行っています。


使用カメラ(メイン)
Panasonic Lumix DMC-G7H
DMC-G7
ミラーレスμ4/3型(マイクロフォーサーズ)
1600万画素 レンズ(28-280mmズーム)



G7で使用中のレンズ一覧

キットに付属している
高倍率ズーム(G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6)
side14-140mm
(外寸φ67mm×約75mm 重量:265g)


追加で購入した
標準ズーム(G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6)
side12-32mm
(外寸φ55.5mm×約24mm 重量:70g) 
2017/10使用開始
side12-32mmwセットで約480g
(標準ズームレンズを装着したイメージ写真)





☆旧使用カメラ(サブ)
コニカミノルタ DIMAGE A200
DIMAGE A200
800万画素 レンズ(28-200mmズーム)
2005年2月購入

(DIMAGE A200については2015年で使用を終了しております。旧ブログ名『がんばれDIMAGE A200』)


「分類(カテゴリ)毎に日付順に表示するリンク」欄を使用すると分類別で時系列に表示されます

分類毎に日付順に表示するリンク
 
全記事表示リンク

 全ての記事のリンク一覧を表示する

フリーエリアテスト中
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログランキング支援バナー
ブログランキング