『九州旅行記』5 長崎(1) 長崎駅~夕暮れの帆船まつり

今回のシリーズですが、2018年の春(4月)にLCC、新幹線JR等を利用し、鹿児島(市内、桜島)、長崎(市内、帆船まつり等)へ行ってきましたので、その時に撮影したものを順にUPしてます。


九州旅行記』の日程は
移動日 ・・・・・・セントレア 【セントレア'18
1日目 ・・・・・・鹿児島   【鹿児島市内・桜島'18
1~3日目・・・・長 崎   【長崎市内・帆船まつり'18
にカテゴリ-分けしています    【 】内はカテゴリ別のリンク先です


今回からは長崎編です。
長崎市電、バス等を利用して市内名所、長崎港の帆船まつり等を観光しています。

長崎での行程は
1日目・・・帆船まつり[夕] → 稲佐山夜景
2日目・・・帆船まつり[朝] → オランダ坂 → 石橋駅 → グラバースカイロード → グラバー園 → 眼鏡橋 → 帆船まつり[夜]
3日目・・・帆船まつり[セイルドリル] です


今回は長崎編の1回目、JR長崎駅~長崎港・出島ワーフでの写真を紹介。

JR長崎駅に到着(17:00)
前回の観光地の鹿児島中央駅から新鳥栖を経由して長崎駅に到着してます

・乗って来た特急「かもめ」を撮影
nagasa10374.jpg
長崎駅構内にて撮影。時間がないのですぐ次の目的地に移動しました。


長崎帆船まつり」が開催されている長崎港・出島岸壁へ移動
(市電にて 長崎駅前電停→大波止電停に移動 料金120円 所要時間約5分)

「大波止電停」で降りて、すぐ近くの本日宿泊先のホテルにチェックイン後、出島ワーフを目指しました。
ここからは、長崎港で開催されていた夕暮れの「長崎帆船まつり」の様子です。

・「大波止電停」からしばらく歩いて到着したのがここ「出島ワーフ」です(17:40)
nagasa10394.jpg
これは長崎港周辺のベイエリアを占める複合商業施設らしいです。レストラン、ショップが並んでいました。


・出島ワーフのすぐ前には、このようなマリーナがあります。
nagasa10389.jpg
奥には帆船が小さく見えている


・奥に進むと「長崎帆船まつり」の主役、帆船が見えてきた。
nagasa10401.jpg
これは「みらいへ」と「観光丸


・どらえもんの帆を広げた「みらいへ
nagasa10403.jpg


・今回は「キャプテンドラえもん号」として公開されてました
nagasa10418.jpg


・こちらは「観光丸
nagasa10430.jpg


・さらに奥にはロシアの帆船「パラダ」が停泊中
nagasa10436.jpg
全長はなんと約110m


・高さは約50mあります
nagasa10440.jpg


nagasa10442.jpg


nagasa10448.jpg
左の山の頂上が、この後夜景を撮影した稲佐山です。


・さらにずっと奥には大きな客船が止まっていた 「Costa Serena」(コスタ・セレーナ)号
nagasa10452.jpg
イタリア船籍 総トン数114,147(t) 全長290.2(m)らしいです


・帰りに夕日に照らされた「出島ワーフ」を撮影
nagasa10478.jpg


夕暮れの撮影はここまでで、次の目的地の稲佐山へ移動して夜景を撮ってます。

この後は一旦ホテルでの食事後、路線バスにて「稲佐山ロープウェイ乗り場」へ移動し夜景を撮りましたが、その様子は次回UPします。



編集後記

長崎観光
今回の長崎は市内観光がメインではありません。「長崎帆船まつり」がメインです。そのため「長崎帆船まつり」の様子を夕方、朝、夜、昼のセイルドリルの4回撮影してます。よって、市内観光はそこそこにして、帆船を重点的に撮りまくっていました。帆船はいままで撮影したことが無かったので、この際後悔しないように目一杯撮ってきました。よって帆船の写真がいっぱいUPされますので、その点事前にここでお知らせしておきます(よろしく!!)。



次回は、『九州旅行記』の6回目、稲佐山で夜景撮影です。


『九州旅行記』4 鹿児島(3) 桜島~鹿児島中央駅

前回に続き『九州旅行記』の鹿児島編をUPします。

鹿児島での行程は 鹿児島駅前 → 鶴丸城跡 → 桜島 → かごしま水族館前 → 鹿児島中央駅 の順です

今回は鹿児島編の3回目、桜島~鹿児島中央駅での写真を紹介。


◇前回の桜島から、行きと同様にフェリーで戻ります。

・桜島を離れ鹿児島港に向かうフェリー
kagosi10292.jpg


kagosi10295.jpg
(この写真の撮影後、次の便のフェリーですぐ鹿児島港へ戻っています)


・これは帰りのフェリー船上より桜島港をパノラマ撮影したもの
kagosi10297.jpg

kagosi10297.jpg
天気は雲一つ無い快晴でした


・桜島から徐々に離れていきます
kagosi10299.jpg


kagosi10307.jpg


・ここで桜島全体をパノラマで収めました
kagosi10302.jpg

kagosi10302.jpg
行きと同様に約15分で鹿児島港に到着してます



◇鹿児島港のフェリー乗場到着後は、かごしま水族館前バス停近くの川(海)周辺を少々散歩。

・かごしま水族館前にて、イルカを発見
kagosi10319.jpg


・水族館の前の川では、イルカたちの訓練をしていました。
kagosi10330.jpg
(フォーカスが合ってませんが、ジャンプの雰囲気はわかるかも。)


・ここにいるのは、まだ新米のイルカだということでした。
kagosi10341.jpg


・見習いだけあってジャンプがなんとなくぎこちない
kagosi10347.jpg
ここでは軽くスナップ撮影して終わってます



◇かごしま水族館前バス停から鹿児島中央駅へ移動(所要時間は約15分 料金160円)

・鹿児島中央駅新幹線ホームにて(13:20)
kagosi10350.jpg
止まっていた車両は残念ながらN700系のみ


・入線してきた車両もN700系でした(13:30)
kagosi10355.jpg


kagosi10359.jpg


・この車両で新鳥栖まで行きます
kagosi10364.jpg
(最近は700系の撮影はもう飽きてしまった)



◇この後、ここ鹿児島中央駅から新鳥栖駅、さらに新鳥栖駅で乗り換え長崎駅に行きます。

JR九州新幹線さくら558号 鹿児島中央→新鳥栖(13:48-15:00)
JR九州特急かもめ25号   新鳥栖→長崎(15:19-16:50)
移動時間はおよそ3時間で、想像よりも早く着いた感じがしました。
鹿児島中央から新鳥栖までは約70分。鹿児島中央から博多までは約80分で、従来の在来線特急では4時間位は掛かっていた頃と比べると雲泥の差です。


ということで、鹿児島での観光は約半日とかなり短めでしたが、ここまでです。

次回からは「長崎」での写真をUPします。



編集後記

桜島観光
今回は、鹿児島中央駅を13:48発の新幹線を利用するため、観光に使える時間はたった4時間位。この短い時間で出来るだけ観光してきた。もう少し余裕が有れば、定期観光バスで桜島をゆっくり観光出来たと思う。今回は長崎観光に時間を優先的に割り当てたため、このような短い鹿児島観光となってしまった。鹿児島では短い時間の観光だったけど、長崎では1.5日位は有効に使えたので良かったと考えている。まあ、愛知県(セントレア)→鹿児島→長崎→名古屋という長距離の移動だったのでしょうがないです。

九州ネットきっぷで移動①
今回は鹿児島中央駅から長崎駅までの切符は、JR九州の「九州ネットきっぷ」を利用した。これは事前にネットで、新幹線・在来線の特急切符の予約・購入が出来るもの。これを利用した理由は、やはり割引率が高いということだった。鹿児島中央駅から長崎駅までは、通常であれば13,600円(指定席)だけど、九州ネットきっぷでは11,310円(自由席・指定席とも同一料金)で購入できた。
(他の区間では「九州ネット 早得3」等のようにさらに割引率の高い物もあるみたい)

九州ネットきっぷで移動②
今回は、割引以外に新幹線の指定席を利用したかったという理由もあります。JR九州の新幹線車両では、指定席車両ではグリーン車と同様の、幅広の横二人掛け座席(2+2列配列)のゆったりとした座席が利用出来るということでこれを利用してます。利用区間は鹿児島中央駅~新鳥栖駅迄だったけど、結構快適でした。九州新幹線の指定席お勧めします。ネットきっぷでは、自由席、指定席とも同一料金なので、指定席を利用しない手はないです。今後も機会が有ればまた使ってみたい。



次回は、『九州旅行記』の5回目、長崎での写真です。

◎この後の旅行日程は『九州旅行記』長崎編 です 【長崎市内・帆船まつり'18
                       【  】内はカテゴリ別のリンク先です


『九州旅行記』3 鹿児島(2) 桜島フェリー乗り場~桜島

前回に続き『九州旅行記』の鹿児島編をUPします。

鹿児島での行程は 鹿児島駅前 → 鶴丸城跡 → 桜島 → かごしま水族館前 → 鹿児島中央駅 の順です

今回は鹿児島編の2回目、桜島行フェリー乗場~桜島到着までの写真を紹介。


桜島行フェリー乗場に到着

◇前回の鶴丸城跡から桜島行フェリー乗場へ徒歩で約20分位でした

・最初に桜島行フェリー乗場手前で桜島と船を撮影してます(10:00)
kagosi10218.jpg
生えてる木がいいねえ。フェニックス(ヤシ?)でしょうか、南国ですね。


・フェリーが入港するところを撮影しました
kagosi10224.jpg


kagosi10230.jpg


・「サクラエンジェル」って書いてあった
kagosi10239.jpg


◇桜島行きフェリーに乗船

・船内一番前の席より撮影してます
kagosi10242.jpg
桜島には約15分で到着するみたい


・桜島の少し手前から、山の雰囲気と港の景色を撮ってます(船内より)
kagosi10248.jpg
白い雲は水蒸気噴火かも?


・外に出てデッキより鹿児島市街を一望
kagosi10257.jpg
乗船したターミナルから桜島までは約5キロ


・まもなく桜島到着というところで再度桜島を撮影
kagosi10262.jpg


kagosi10263.jpg


・これは桜島に停泊していた「プリンセスマリン」号
kagosi10275.jpg


・厳密には第十八櫻島丸らしい
kagosi10278.jpg


・構内には「チェリークイーン」号も停泊中でした
kagosi10283.jpg
(少し装飾が立派だった)


・このブリッジを使って桜島に上陸しました
kagosi10286.jpg


・今乗って来た「サクラエンジェル
kagosi10290.jpg


◇桜島に到着(10:45)
料金はなんと160円でした(観光船じゃないんだね)


桜島到着後、すぐ次のフェリーで鹿児島に戻りますが、続きは次回UPします。



編集後記

桜島
この桜島が見たい気持ちだけで、この鹿児島に行ったと行っても言い過ぎではないくらい。活動中の火山はなかなかみることが出来ないので、いい記念になった。桜島に上陸しても特に硫黄のような臭いは無かった。昔行った箱根の方が臭いくらいだった。実際噴煙が出るとたぶんそれなりに臭ってくるのではないかと思うけど、ここに実際に人が住んでいるって、かなりすごいことだと思う。
この後は、鹿児島中央駅(13:48)発の新幹線に乗りますので、桜島の雰囲気だけを味わってすぐに戻ってきました。桜島はバス等で観光しても1時間から2時間はかかるようです。



次回は、『九州旅行記』の4回目、桜島~鹿児島中央駅での写真です。


『九州旅行記』2 鹿児島(1) 鹿児島市電

今回のシリーズですが、2018年の春(4月)にLCC、新幹線JR等を利用し、鹿児島(市内、桜島)、長崎(市内、帆船まつり等)へ行ってきましたので、その時に撮影したものを順にUPしていきます。


九州旅行記』の日程は
移動日 ・・・・・・セントレア 【セントレア'18
1日目 ・・・・・・鹿児島   【鹿児島市内・桜島'18
2~3日目・・・・長 崎   【長崎市内・帆船まつり'18】(鹿児島編の次にUP)
にカテゴリ-分けしています  【 】内はカテゴリ別のリンク先です


今回からは『九州旅行記』の鹿児島編です。
鹿児島市電、バス、フェリ-等を利用して市内、桜島を観光しています。

鹿児島での行程は 鹿児島駅前 → 鶴丸城跡 → 桜島 → かごしま水族館前 → 鹿児島中央駅 の順です


今回は鹿児島編の1回目、鹿児島駅前~鶴丸城跡での写真を紹介。

本日最初の観光地「鹿児島駅前駅」に移動

◇前日の宿泊先は鹿児島中央駅のすぐ目の前ですので、駅前から鹿児島市電を利用し鹿児島駅前駅に移動しました。(市電で約15分位)

・ここは鹿児島駅前という電停です(車両基地みたいなものです)
kagosi10133.jpg


・この日は「ツツジ」も咲いていたので一緒に入れて撮ってみた
kagosi10140.jpg


・残念ながらこの日は、ここからは桜島はあまり綺麗に見えてませんでした。
kagosi10146.jpg
春霞(はるがすみ)の影響かもしれない。


・鹿児島駅前の広場で電車を撮影
kagosi10148.jpg
車両は新しい物も時々走っていて結構楽しい


・ここは横断歩道で、横は市電も通り、バス自動車等も普通に交差して通っていました。
kagosi10151.jpg


・この市電は軌道敷の多くの所で緑化されていた
kagosi10160.jpg
西郷さんは有名ですね


・駅前はこのように花がいっぱい植えられてましたので、花と車両を一緒に撮影。
kagosi10163.jpg


kagosi10169.jpg


・この鹿児島駅前は、このように歩道が整備されているので安心して撮影が出来ます。
kagosi10176.jpg


・車両基地が一杯のときは、このように入庫待ち車両が発生。
kagosi10178.jpg


・発車待ちの車両で一杯の鹿児島駅前
kagosi10184.jpg


・近くの踏切を、あの「つばめ」列車が通過した。ここはJR鹿児島駅のすぐ近く。
kagosi10172.jpg
現在この車両は特急「きりしま」で運用しているみたいです(鹿児島中央⇔宮崎)


◇このあとは鹿児島駅前駅から鶴丸城跡へ移動(徒歩で15分位)

鶴丸城跡にて
kagosi10193.jpg
城跡なので天守とか城はありません


・ここには資料館が建ってました(中には入っていません)
kagosi10196.jpg


・お堀はこのように残ってました
kagosi10188.jpg


・この鳥はここでエサを探していたみたいです
kagosi10187.jpg
鶴丸城跡は以上です


この後は、桜島行フェリー乗場へ行きますが、この続きは次回UPします。



編集後記

鹿児島空港から鹿児島市内へ移動①
前日の事だけど、鹿児島空港到着後には速やかに鹿児島中央駅に高速バスで移動した。バス乗り場はかなり混雑していたので、ボケっとしていたら次のバスまで待たされそうな状況だった。バス乗車時に切符を買わずにいた人も何人かいて、切符を買いに行って結局ぎりぎりの乗車になった人もいた。ここの高速バスは料金先払い制で、且つ現金ではなく切符が必要だということですね。最近はLCCも増えたこともあって、バス利用者は増えているのだと思います。

鹿児島空港から鹿児島市内へ移動②
バスで鹿児島市内へ移動中、なぜか懐かしいなあと、ふと感じた。なぜだろう。夜に飛行機から降りて、バスで当日宿泊予定のホテルへ移動するという感覚は、そう、まさに東南アジアへ海外旅行した時と似たような感覚だった。さらに、現地(鹿児島)は温かく、移動中はほとんど高速道路ばかりなので民家が近くに見られず、たまにヤシの木が見えたりして、そうまさにアジアの海外旅行のような雰囲気がした。乗客乗員はすべて日本人なので国内の移動なのは間違いないけど、「しーん」としていると海外(東南アジア)とか、沖縄にいるような感覚がしてきた。愛知県民からすると、ここ鹿児島はとても温かい所なんだなあと感じた。



次回は、『九州旅行記』の3回目、鹿児島(2) 桜島行フェリー乗場~桜島での写真です。


最新記事一覧
『九州旅行記』5 長崎(1) 長崎駅~夕暮れの帆船まつり 2018/05/25
『九州旅行記』4 鹿児島(3) 桜島~鹿児島中央駅 2018/05/18
『九州旅行記』3 鹿児島(2) 桜島フェリー乗り場~桜島 2018/05/11
『九州旅行記』2 鹿児島(1) 鹿児島市電 2018/05/04
『九州旅行記』1 セントレアより出発 2018/04/27
SSD始めました&今年3か月間のアクセスの集計 2018/04/22
『清洲桜』3 清州城 2018/04/13
『清洲桜』2 名鉄橋梁(後編) 2018/04/06
『清洲桜』1 名鉄橋梁(前編) 2018/03/30
『南琵琶湖旅行記』6 彦根城・玄宮楽々園(2) 2018/03/16
『南琵琶湖旅行記』5 彦根城・玄宮楽々園(1) 2018/03/09
『南琵琶湖旅行記』4 近江八幡(4) 八幡山~日牟禮八幡宮 2018/03/02
『南琵琶湖旅行記』3 近江八幡(3) 八幡掘(白雲橋~瓦亭) 2018/02/23
『南琵琶湖旅行記』2 近江八幡(2) 八幡掘(明治橋辺り) 2018/02/16
『南琵琶湖旅行記』1 近江八幡(1) 新町通り~八幡掘 2018/02/09
『天橋立まるごとフリーパスの旅』6 廻旋橋~天橋立駅 2018/02/02
『天橋立まるごとフリーパスの旅』5 天橋立観光船・廻旋橋 2018/01/26
『天橋立まるごとフリーパスの旅』4 傘松公園(ケーブルカー・リフト) 2018/01/19
『天橋立まるごとフリーパスの旅』3 天橋立観光船(天橋立桟橋~一宮桟橋)・舟屋 2018/01/12
『天橋立まるごとフリーパスの旅』2 天橋立駅~智恩寺 2018/01/05
2017年 今年のベスト3 2017/12/29
『天橋立まるごとフリーパスの旅』1 豊岡駅~天橋立駅 2017/12/22
『恵那旅行記』5 日本大正村(2) 2017/12/15
『恵那旅行記』4 日本大正村(1) 2017/12/10
『恵那旅行記』3 明智鉄道(岩村駅~明智駅) 2017/12/06
最新記事の関連リスト
更新カレンダー&月別アーカイブリンク
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2018年05月 | 06月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


プロフィール

Author:古荷家幸之助

趣味:カメラ、旅行等


当サイトは、旅行に行った際の写真をUPしているサイトです。お得な切符もたまに利用して旅行に行っています。


使用カメラ(メイン)
Panasonic Lumix DMC-G7H
DMC-G7
ミラーレスμ4/3型(マイクロフォーサーズ)
1600万画素 レンズ(28-280mmズーム)



G7で使用中のレンズ一覧

キットに付属している
高倍率ズーム(G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6)
side14-140mm
(外寸φ67mm×約75mm 重量:265g)


追加で購入した
標準ズーム(G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6)
side12-32mm
(外寸φ55.5mm×約24mm 重量:70g) 
2017/10使用開始
side12-32mmwセットで約480g
(標準ズームレンズを装着したイメージ写真)





☆旧使用カメラ(サブ)
コニカミノルタ DIMAGE A200
DIMAGE A200
800万画素 レンズ(28-200mmズーム)
2005年2月購入

(DIMAGE A200については2015年で使用を終了しております。旧ブログ名『がんばれDIMAGE A200』)


「分類(カテゴリ)毎に日付順に表示するリンク」欄を使用すると分類別で時系列に表示されます

分類毎に日付順に表示するリンク
 
全記事表示リンク

 全ての記事のリンク一覧を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログランキング支援バナー
ブログランキング