『九州旅行記』8 長崎(4) 朝の帆船まつり(後編)

前回に続き『九州旅行記』の長崎編をUPします。

長崎での行程は
帆船まつり[夕] → 稲佐山夜景 → 帆船まつり[朝] → オランダ坂 → 石橋駅 → グラバースカイロード → グラバー園 → 眼鏡橋 → 帆船まつり[夜] → 帆船まつり[セイルドリル] です


今回は長崎編の4回目、朝の「帆船まつり」での写真の続きを紹介。

朝の「帆船まつり」(後編)

◎前回は日本の帆船でしたが、今回はロシアの船「パラダ」号です。


・「PALLADA」号をやや前方から撮ってます
nagasa10568.jpg
国旗もたくさんついてました


・これは今回停泊中の中で一番背の高い帆船です。(全長49.50m マスト高110.09m)
nagasa10569.jpg


・船首部分をUP
nagasa10578.jpg


nagasa10579.jpg


・この「パラダ」号の船上は一般に公開されていたので見てきました
nagasa10581.jpg


・乗船前に下からマストを見上げたところ
nagasa10583.jpg


・甲板上に上ってから同じく空を見上げて
nagasa10586.jpg


・これは甲板に描かれていたPALLADA号のマーク
nagasa10595.jpg
(製造年は1989年ですね)


・これは各港に寄った時の記念に描かれたみたい
nagasa10599.jpg
150 PORT OF KOBE 2017」とか書いてあった。
この左端の兄さんがいなければ、もっと広角で撮影出来たんですけどねえ。(残念)


・丸い物は「救命いかだ」
nagasa10602.jpg
PALLADAの下にはVladivostokの表記(ウラジオストクが母港らしいです)


・船員さんはロープとはしごで、上まで登っていました。
nagasa10604.jpg


・この帆船はかなり人気があったようで、他の帆船よりも多くの人が見に来ていました。
nagasa10610.jpg


・船から降りて帰る間際に大きな錨を撮影
nagasa10617.jpg


・埠頭の端で「パラダ」号と長崎港内の半分くらいをパノラマ撮影で収めてみた
nagasa10618.jpg

nagasa10618.jpg



・「パラダ」号の一部と長崎港内の雰囲気を撮影
nagasa10619.jpg

nagasa10619.jpg
(一部画像が乱れてますが、港の雰囲気は伝わるかと・・・)


この「PALLADA」号撮影後は、次の観光地「オランダ坂」へ行きましたが続きは次回UPします。



編集後記

帆船見学
パラダ号はロシアの船だから、乗っていたのはロシア人のみ(当然)。ほんとに背の高い人ばかりでした。ロシアの人を直接見るのは、ロシア旅行以来25年位ぶりだったと思う、懐かしかった。

帆は閉じたまま?
この日は帆船の一般公開のみで帆を広げる操作はしていませんが、翌日の午後にはセイルドリル「操帆訓練」というものが行われてます。その時の帆を広げる時の様子を撮影していますが、UPは今回の長崎編シリーズの最終回になりますので、それまでしばらく(かなり?)お待ちください。



次回は、『九州旅行記』の9回目、オランダ坂~グラバースカイロードでの写真です。


『九州旅行記』7 長崎(3) 朝の帆船まつり(前編)

前回に続き『九州旅行記』の長崎編をUPします。

長崎での行程は
帆船まつり[夕] → 稲佐山夜景 → 帆船まつり[朝] → オランダ坂 → 石橋駅 → グラバースカイロード → グラバー園 → 眼鏡橋 → 帆船まつり[夜] → 帆船まつり[セイルドリル] です


今回は長崎編の3回目、朝の「帆船まつり」での写真を紹介。

帆船まつり」が開催されている朝の出島ワーフへ

◇前日の宿泊先は「大波止電停」のすぐ近くなので、歩いて出島ワーフへ移動してます。


・「出島ワーフ」到着時に、長崎港ターミナル近くに着岸間近の高速船を発見。(9:20)
nagasa10507.jpg
九州商船ジェットフォイルの「ぺがさす」。
(船首部分が一部切れてますが、後部排気の陽炎が気に入ったもんでUP。)


・長崎出島ワーフ
nagasa10509.jpg
(ワーフとは波止場, 埠頭ふとう, 岸壁等を意味しているらしい)


・長崎港ターミナル周辺です
nagasa10510.jpg


・長崎の二日目も天気は快晴で、「帆船まつり」会場で写真を撮ってます。
nagasa10513.jpg
この「みらいへ」の帆はドラえもん仕様でした(全長52.16m マスト高30m)


・本日は一般公開されていたので、実際に乗ってみました。
nagasa10518.jpg
(もう子供たちが既に乗り込んでいる)


・帆の表側はきれいに絵が描かれていた
nagasa10519.jpg


・でも裏はなにも描かれていなかった
nagasa10526.jpg


・帆船なのでロープがたくさん張られてます
nagasa10531.jpg


・これはたぶん緊急避難用のボート
nagasa10534.jpg


nagasa10546.jpg
左下にはドラえもんらしき絵が・・・


・これは記念撮影用のパネルです
nagasa10550.jpg
(子供たちがいなくなったところでパネルのみ正面から撮影してます)


・子供たちと同様に搭乗の際に記念品をもらいました
nagasaseal.jpg
これは映画「ドラえもん のび太の宝島」シールです(画質は落としてUPしてます)


・「みらいへ」の先には「観光丸」が止まっていた
nagasa10552.jpg


・これは「観光丸」です
nagasa10557.jpg
(全長65.80m マスト高32m)


・「観光丸」と「みらいへ」の両船と埠頭の様子をパノラマで撮影(9:40)
nagasa10561.jpg

nagasa10561.jpg
この時間はまだ朝早いので、それほど観光客は来ていませんでした。


・「観光丸」船首と大砲
nagasa10657.jpg
「観光丸」は実際に観光客を乗せて、体験クルーズもしていました(有料1000円)。


この後は、ロシアの帆船「パラダ」を見てますが、続きは次回UPします。



編集後記

帆船見学
「みらいへ」号は、船内にも入って見学出来たので面白かった。ただし人が多すぎて撮影どころではなかったので、なんというか一枚も写真が撮れず残念。この帆船「みらいへ」は、日本で唯一、一般の人が乗ることができる帆船で、一日とか宿泊型のコースで体験できるそうです。

ドラえもんの記念撮影用パネル
ドラえもん記念撮影用パネルでは、ドラえもんと一緒に自由に記念撮影が出来る所です。係の人がシャッターを押してくれていたみたいです。「よかったらどうですか」と言われたけれど、いやいやそれはそれはということで、ご辞退申し上げました。結局パネルのみの撮影でOK。



次回は、『九州旅行記』の8回目、朝の「帆船まつり」の写真(後編)です。


『九州旅行記』6 長崎(2) 稲佐山で夜景撮影

前回に続き『九州旅行記』の長崎編をUPします。

長崎での行程は
帆船まつり[夕] → 稲佐山夜景 → 帆船まつり[朝] → オランダ坂 → 石橋駅 → グラバースカイロード → グラバー園 → 眼鏡橋 → 帆船まつり[夜] → 帆船まつり[セイルドリル] です

今回は長崎編の2回目、夜の稲佐山での写真を紹介。


稲佐山頂上で夜景撮影

◇前回の「出島ワーフ」より「大波止」バス停へ徒歩で移動し、長崎バスにて稲佐山「ロープウェイ前」まで移動(バス所要時間は約7分)。

稲佐山ロープウェイを利用し稲佐山頂上まで約5分で到着(20:15)


稲佐山について
「標高333メートルの山頂からは360度のパノラマで市内全景を望むことができ、天候の良い日は雲仙・天草・五島列島までも遠望できます。また、1000万ドルの夜景と激賞される長崎の夜景のビュースポットとしても有名です。」と長崎ロープウェイHPには紹介されている。

◎今回は稲佐山頂上からの夜景写真です。撮影方法はカメラLumix「G7」のシーンガイドモードを利用して撮影してます。撮影モードによって写りがどのように変化するのか、利用した撮影モード(シーンガイド)のタイトル【 】の表示と共に、撮影した写真を順にUPします。




市街地を広角に撮影(長崎港・出島と右側に女神大橋を入れて撮影)

【夜景をアーティスティックに撮る】に設定して撮影
「アーティスティック」とは、シャッタースピードを遅くして、光の軌跡が美しく表現されるモード。
(焦点距離38mm シャッター速度1秒 絞り解放 ISO2000 以下露出の補正は無し)
nagasa10485.jpg

撮影結果・・・今回の遠くの夜景撮影では、シャッタースピードが遅くてもあまり関係ないみたい。もし、比較的近くに車とか電車があれば、光跡がきれいに写るのかもしれない。



市街地をやや広めに4枚撮影(構図は長崎港・出島を中心にしてます)

【イルミネーションをキラキラ撮る】
「キラキラ撮る」とは、クロスフィルターを使った雰囲気で撮れるモード。
(撮影条件・・・焦点距離約60mm シャッター速度1/2秒 絞り解放 ISO3200 以下4枚同様)
nagasa10486.jpg

撮影結果・・・たしかに点の光源を十字(クロス)状に光らせていい雰囲気が出ました


【夜景をきれいに撮る】
「きれいに撮る」とは、光の色を鮮やかにして夜景を撮影するモード。
nagasa10494.jpg

撮影結果・・・なんとなく鮮やかに撮れた気がする(?)


【夜空をクールに撮る】
「クールに撮る」とは、日没後に青みがかった色調にして、都会的でクールに夜空を撮影するモード。
nagasa10495.jpg

撮影結果・・・今回は8時を過ぎての撮影なので、日没後のイメージにはならなかったけど、青っぽい雰囲気は出ていると思う。このモードは、日没直後に撮影するといい雰囲気が出そうだ。


【夜景を暖かく撮る】
「暖かく撮る」とは、暖色の色調にして暖かみのある夜景を撮影するモード。
nagasa10496.jpg

撮影結果・・・電球のライトで照らされたような雰囲気が出てます。



帆船まつりで、イルミネーションで飾られている帆船が良く見えるように4枚撮影。
(以下【 】内のモードの説明は省略)

【夜景をきれいに撮る】
(撮影条件・・・焦点距離約170mm シャッター速度1/6秒 絞り解放 ISO3200 以下4枚同様)
nagasa10498.jpg


【夜空をクールに撮る】
nagasa10499.jpg


【夜景を暖かく撮る】
nagasa10500.jpg


【イルミネーションをキラキラ撮る】
nagasa10502.jpg

以上、各種の夜景撮影モードで撮った写真でした。似たような機能は他社のカメラにもあると思います。カメラさえ上手く固定出来れば、上のような写真を撮ることが誰にでも出来そうです。
今回は、いろいろなモードで撮影したのですが、結局どのモードでもそれなりに特徴があって、これが最高に良いと限定することはなかなか出来ませんでした。
今後撮影される人は、上の写真が参考になるのではと思ってます。


◇結局、上のようないろいろなモードで撮影をしていたため、長崎ロープウェイからの帰りは夜9時を過ぎて、ホテルには結局9時30分の到着となってしまった。帰りはかなり遅くなったけど、夜景撮影が出来たことで疲れはまったく感じられませんでした。

長崎での一日目はここまでです。次回は二日目の朝の「帆船まつり」での様子です。



編集後記

長崎の夜景
夜の町並みは、「夜の城崎温泉街」で昨年撮影したけど、デジカメでの暗い夜景撮影は今回が初めて。長崎の稲佐山頂上での夜景撮影は、天気にも恵まれ、それなりにいいものが撮れたので良かった。
今回の撮影の際、レンズの絞りは解放と表示してますが、所有レンズはズームのみですのでほとんどF5.6位で撮影してます。
あと、「夜景を手持ちで撮る」モードを試すのをすっかり忘れてた。三脚なしで手持ちで撮ったらどうなるのか、またいつか試したいと思ってます。

長崎ロープウェイ
料金は往復1,230円です(HPの往復割引券を印刷して持っていくと1,100円になる)。ゴンドラの定員は31名だけど、平日でもかなり満員の状態だった。観光客が多いときは、並んで待たされることがあるかもしれない。あと、今回は夜景撮影の為にテンションがやや高かった為、ロープウェイのゴンドラの写真撮影はコロッと忘れてた。興味が有る人は、長崎ロープウェイHPまで見に行ってください。

三脚代わりのクランプを利用
三脚についてですが、いつも小さなブラスチック製の軽い物を持ってはいたのですが(でも使ったことは一度も無し)、今回は三脚代わりの(パワークランプ「モバイルキャッチ社製」)というものも一緒に持っていって、これを使用して夜景を撮影しております。
スマホとか軽めのカメラであれば、カメラをほぼブレさせずに保持出来そうです。

・このようなもの
CLAMP_BL.jpg
ベンチの板とか、手すりに挟んで、簡易に固定して使うものです。値段は結構しまして、軽く4,000円は超えていたような気がします。今回とりあえず一回は利用したので、それなりに利用目的は達成したのかなあ、と一応考えてます。(重量は上のセットで約120gです)



次回は、『九州旅行記』の7回目、朝の「帆船まつり」での写真です。


『九州旅行記』5 長崎(1) 長崎駅~夕暮れの帆船まつり

今回のシリーズですが、2018年の春(4月)にLCC、新幹線JR等を利用し、鹿児島(市内、桜島)、長崎(市内、帆船まつり等)へ行ってきましたので、その時に撮影したものを順にUPしてます。


九州旅行記』の日程は
移動日 ・・・・・・セントレア 【セントレア'18
1日目 ・・・・・・鹿児島   【鹿児島市内・桜島'18
1~3日目・・・・長 崎   【長崎市内・帆船まつり'18
にカテゴリ-分けしています    【 】内はカテゴリ別のリンク先です


今回からは長崎編です。
長崎市電、バス等を利用して市内名所、長崎港の帆船まつり等を観光しています。

長崎での行程は
1日目・・・帆船まつり[夕] → 稲佐山夜景
2日目・・・帆船まつり[朝] → オランダ坂 → 石橋駅 → グラバースカイロード → グラバー園 → 眼鏡橋 → 帆船まつり[夜]
3日目・・・帆船まつり[セイルドリル] です


今回は長崎編の1回目、JR長崎駅~長崎港・出島ワーフでの写真を紹介。

JR長崎駅に到着(17:00)
前回の観光地の鹿児島中央駅から新鳥栖を経由して長崎駅に到着してます

・乗って来た特急「かもめ」を撮影
nagasa10374.jpg
長崎駅構内にて撮影。時間がないのですぐ次の目的地に移動しました。


長崎帆船まつり」が開催されている長崎港・出島岸壁へ移動
(市電にて 長崎駅前電停→大波止電停に移動 料金120円 所要時間約5分)

「大波止電停」で降りて、すぐ近くの本日宿泊先のホテルにチェックイン後、出島ワーフを目指しました。
ここからは、長崎港で開催されていた夕暮れの「長崎帆船まつり」の様子です。

・「大波止電停」からしばらく歩いて到着したのがここ「出島ワーフ」です(17:40)
nagasa10394.jpg
これは長崎港周辺のベイエリアを占める複合商業施設らしいです。レストラン、ショップが並んでいました。


・出島ワーフのすぐ前には、このようなマリーナがあります。
nagasa10389.jpg
奥には帆船が小さく見えている


・奥に進むと「長崎帆船まつり」の主役、帆船が見えてきた。
nagasa10401.jpg
これは「みらいへ」と「観光丸


・どらえもんの帆を広げた「みらいへ
nagasa10403.jpg


・今回は「キャプテンドラえもん号」として公開されてました
nagasa10418.jpg


・こちらは「観光丸
nagasa10430.jpg


・さらに奥にはロシアの帆船「パラダ」が停泊中
nagasa10436.jpg
全長はなんと約110m


・高さは約50mあります
nagasa10440.jpg


nagasa10442.jpg


nagasa10448.jpg
左の山の頂上が、この後夜景を撮影した稲佐山です。


・さらにずっと奥には大きな客船が止まっていた 「Costa Serena」(コスタ・セレーナ)号
nagasa10452.jpg
イタリア船籍 総トン数114,147(t) 全長290.2(m)らしいです


・帰りに夕日に照らされた「出島ワーフ」を撮影
nagasa10478.jpg


夕暮れの撮影はここまでで、次の目的地の稲佐山へ移動して夜景を撮ってます。

この後は一旦ホテルでの食事後、路線バスにて「稲佐山ロープウェイ乗り場」へ移動し夜景を撮りましたが、その様子は次回UPします。



編集後記

長崎観光
今回の長崎は市内観光がメインではありません。「長崎帆船まつり」がメインです。そのため「長崎帆船まつり」の様子を夕方、朝、夜、昼のセイルドリルの4回撮影してます。よって、市内観光はそこそこにして、帆船を重点的に撮りまくっていました。帆船はいままで撮影したことが無かったので、この際後悔しないように目一杯撮ってきました。よって帆船の写真がいっぱいUPされますので、その点事前にここでお知らせしておきます(よろしく!!)。



次回は、『九州旅行記』の6回目、稲佐山で夜景撮影です。


最新記事一覧
『九州旅行記』8 長崎(4) 朝の帆船まつり(後編) 2018/06/15
『九州旅行記』7 長崎(3) 朝の帆船まつり(前編) 2018/06/08
『九州旅行記』6 長崎(2) 稲佐山で夜景撮影 2018/06/01
『九州旅行記』5 長崎(1) 長崎駅~夕暮れの帆船まつり 2018/05/25
『九州旅行記』4 鹿児島(3) 桜島~鹿児島中央駅 2018/05/18
『九州旅行記』3 鹿児島(2) 桜島フェリー乗り場~桜島 2018/05/11
『九州旅行記』2 鹿児島(1) 鹿児島市電 2018/05/04
『九州旅行記』1 セントレアより出発 2018/04/27
SSD始めました&今年3か月間のアクセスの集計 2018/04/22
『清洲桜』3 清州城 2018/04/13
『清洲桜』2 名鉄橋梁(後編) 2018/04/06
『清洲桜』1 名鉄橋梁(前編) 2018/03/30
『南琵琶湖旅行記』6 彦根城・玄宮楽々園(2) 2018/03/16
『南琵琶湖旅行記』5 彦根城・玄宮楽々園(1) 2018/03/09
『南琵琶湖旅行記』4 近江八幡(4) 八幡山~日牟禮八幡宮 2018/03/02
『南琵琶湖旅行記』3 近江八幡(3) 八幡掘(白雲橋~瓦亭) 2018/02/23
『南琵琶湖旅行記』2 近江八幡(2) 八幡掘(明治橋辺り) 2018/02/16
『南琵琶湖旅行記』1 近江八幡(1) 新町通り~八幡掘 2018/02/09
『天橋立まるごとフリーパスの旅』6 廻旋橋~天橋立駅 2018/02/02
『天橋立まるごとフリーパスの旅』5 天橋立観光船・廻旋橋 2018/01/26
『天橋立まるごとフリーパスの旅』4 傘松公園(ケーブルカー・リフト) 2018/01/19
『天橋立まるごとフリーパスの旅』3 天橋立観光船(天橋立桟橋~一宮桟橋)・舟屋 2018/01/12
『天橋立まるごとフリーパスの旅』2 天橋立駅~智恩寺 2018/01/05
2017年 今年のベスト3 2017/12/29
『天橋立まるごとフリーパスの旅』1 豊岡駅~天橋立駅 2017/12/22
最新記事の関連リスト
更新カレンダー&月別アーカイブリンク
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2018年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


プロフィール

Author:古荷家幸之助

趣味:カメラ、旅行等


当サイトは、旅行に行った際の写真をUPしているサイトです。お得な切符もたまに利用して旅行に行っています。


使用カメラ(メイン)
Panasonic Lumix DMC-G7H
DMC-G7
ミラーレスμ4/3型(マイクロフォーサーズ)
1600万画素 レンズ(28-280mmズーム)



G7で使用中のレンズ一覧

キットに付属している
高倍率ズーム(G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6)
side14-140mm
(外寸φ67mm×約75mm 重量:265g)


追加で購入した
標準ズーム(G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6)
side12-32mm
(外寸φ55.5mm×約24mm 重量:70g) 
2017/10使用開始
side12-32mmwセットで約480g
(標準ズームレンズを装着したイメージ写真)





☆旧使用カメラ(サブ)
コニカミノルタ DIMAGE A200
DIMAGE A200
800万画素 レンズ(28-200mmズーム)
2005年2月購入

(DIMAGE A200については2015年で使用を終了しております。旧ブログ名『がんばれDIMAGE A200』)


「分類(カテゴリ)毎に日付順に表示するリンク」欄を使用すると分類別で時系列に表示されます

分類毎に日付順に表示するリンク
 
全記事表示リンク

 全ての記事のリンク一覧を表示する

最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログランキング支援バナー
ブログランキング